木下電子工業が出来ること


  1. ホーム
  2. 木下電子工業が出来ること

電気・電子機器の設計・製造

当社では、お客様のご要望に応じて、電気・電子制御機器の開発・設計から製造まで幅広く対応させて頂きます。CADによる回路設計、プリント基板制作、部品実装、半田付け、組立と全ての工程を自社内で行い、短納期、高品質にお応えいたします!
また、試作品づくりも得意としています。電気・電子制御機器の事は、まずはご相談ください。

  • 電気・電子機器の設計・製造
    ケーブルの導通検査をするハーネスチェッカーです。OEM供給をさせて頂いてる一品です。
    (OEM供給も可能です。)
  • 電気・電子機器の設計・製造
    量産品の一つで、扉の開閉をコントロールする物です。(量産も可能です。)
  • 電気・電子機器の設計・製造
    お客様の希望により、信号に反応してテープが出るように、市販テープカッターを改造して供給しております。
    (市販品を改造しての物も出来ます。)
  • 電気・電子機器の設計・製造
    ある装置の動作状況を確認をする検査装置です。
    (様々な検査装置も作ってきました。一度ご相談下さい。)
  • 電気・電子機器の設計・製造
    ある特殊形状の物を洗浄する為のコントロール部分です。
    (メカのコントロール部分だけの供給も可能です。)
  • 電気・電子機器の設計・製造
    樹脂成型より行った一品です。
    (デザインを含めての一貫した依頼も受けます。)

電子機器の組立・配線

当社では、単に電気・電子部品間をハーネスにより配線するだけでなく、作業者が機器ごとに一定のルールを考え、美しい配線を心掛けています。これは、メンテナンスなどの作業を容易にすると共に、電線そのものの磨耗や劣化を防ぎ、また機器そのものの耐久性を向上させるメリットもあります。当社独自の匠の技で美しい配線をご提供いたします!

  • 電子機器の組立・配線
    印刷機関係の制御盤です。機械のコントロールはタッチパネルを使用しています。(機械制御の設計から製作まで出来ます。)
  • 電子機器の組立・配線
    シール機のコントローラーです。(一品一様品ですがコストが合う様に検討します。)
  • 電子機器の組立・配線
    大型制御盤の1つです。社内で配線し現地で仕上げます。
    (現地組込、出張工事も可能です。)
  • 電子機器の組立・配線
    お客様のご依頼により組立・配線をしました。
    (補材以外、全ての部品がお客様の支給品です。組立・配線のみもできます)

プリント基板の実装(チップマウント)

当社では、ICや抵抗、コンデンサ等のディスクリート部品から、チップ部品まで幅広くプリント基板の表面実装に対応しております。特に、チップ部品は自動チップマウンタによる実装を行い、それ以外は匠の職人が手作業で正確に実装しております。部品実装のみでも対応可能です。いつでもご相談ください。

  • プリント基板の実装(チップマウント)
    異形汎用マウンター
  • プリント基板の実装(チップマウント)
    高速チップマウンター
  • プリント基板の実装(チップマウント)
    チップマウント機で置けない異形部品などは手載せにて対応しています。非常に細かく間違い易い作業ですが、ミスがないよう細心の注意を払っています。
  • プリント基板の実装(チップマウント)
    少量多品種の生産が多い為、手刷りにてクリーム半田を丁寧に印刷します。
  • 半田付け
    クリーム半田印刷機 
    量産生産を行う時に稼働させます。

試作・1品物の製作

ユニバーサル基板による試作品や1品物の設計・製作も行っています。基板を起こすまでもない試作品や1品物も、製作可能です。まずは、木下電子にご相談ください!
また、試作品づくりも得意としています。電気・電子機器の事は、まずはご相談ください。

  • 試作・1品物の製作
    一台だけの為、ユニバーサル基板にて基板を作り配線をしています。
  • 試作・1品物の製作
    量産機からの一品だけの特殊仕様に対応する為、追加の基板で対応しています(基板改造もお任せください)。
  • 試作・1品物の製作
    市販のCPUボードを組込み、機能試験を行った試作品です。

半田付け

自動半田付け機による半田付けはもちろん、人による半田付けも当社の得意技です。特に、半田付け技能検定を持つ従業員もおり、品質の高い半田付けを行う事が可能です。また、鉛フリー半田付け機による半田付けやチップ部品の半田付けも対応可能です。試作品から量産品まで幅広く対応しております!

  • 半田付け
    噴流式自動半田槽(共晶半田)
  • 半田付け
    自動半田槽にて半田付けをしたのち、後付け、修正を行います。半田付けの匠が、早くかつ正確に作業を行います。
  • プリント基板の実装(チップマウント)
    静圧半田槽(鉛フリー)
    今までの鉛フリー対応半田付け装置では不可能とされていた多層基板や熱負荷の大きい部品も、従来の共晶(Sn-Pb)ハンダと同等のハンダ付けが出来るようになりました。
  • 半田付け
    ディスクリート部品の挿入作業
    指示書通りに1つひとつミスが無いように、挿入していきます。

↑ ページのトップへ戻る